猛暑到来!

   建物等の暑さ・寒さ対策は万全でしょうか?

     ≪2020~2030年 住宅ZEH化も見据えて≫

≪まず熱の伝わり方を知りましょう≫

熱の特徴を知り、それに適合した処置をしなければ、断熱は「似て非なるもの」となります。

断熱とは、熱を断つ事であり、下記の2商材は、限りなく熱を断つ理論が成立しています。熱の侵入を遅らせる(既存熱吸収系断熱材)とは概念が全く違います。

熱線伝導率(半導体やセラミック分野)を応用した断熱の新分野と言えると思います。

●アルミシート反射遮熱●

 

  【熱の特徴を知る】

熱には3種類の移動方法があり、対流熱・伝導熱・輻射熱です。

最初の二つは空気や物を伝ってやってきます。侵入割合は25%程です。

最後の輻射熱は物の分子を揺しながらやってきます(衝突熱・電磁波熱・熱線とも言われます)侵入割合は75%程です。これは既存の断熱材では効きません。なぜなら断熱材自体の分子も揺れるからで、いずれは侵入してきます。いわゆる侵入を遅らせているだけなのです。

輻射熱には金属による反射しか効果がありません。

この75%の輻射熱を抑える事が断熱と言えます。

そこでアルミシート遮熱が

                         有効になります。

                                        《バブルアルミバリア》の

                         アルミ純度は99.9%

                         熱反射率は97%

                                         貼るだけで夏は涼しく、冬

                         は暖かく!

●真空天然セラミック断熱塗料 マサコート●

【更に伝導熱を止める】

アルミが不得意なのが伝導熱です。アルミは熱放出率は低く、熱反射率自体は高いのですが、物との間に空間層がないと残りの熱が侵入してきます。

そこで活躍するのが、

MASA COATです。

 

MASACOATの特徴は、真空状態にされた天然セラミック(特許)が対流と伝導熱を止め、水性塗料に添加することにより、僅か0.35㎜の断熱層が形成されます。更に酸化チタンが融合(特許)された事により94%の熱反射率も兼ね備え、同時に光触媒防汚効果、結露対策も講じれます。

このダブルブロックでは、僅か8.35㎜厚で、最強断熱効果(断熱等級4)

                         期待できます。

        費用対効果(電気代、CO2削減データ)

      スレート改修新工法(エコロジカル ハイブリッド工法)

          ガラス対応(マサコートα)

  

  *費用対効果は実証済み(下記グラフご参照)

 精密機械工場や、無菌豚舎等は窓を閉め切ったまま(あるいは窓がない)の

 態で室内が空調管理されています。無防備な建物内では、暑さ・寒さに対する

 エネルギー消費が莫大となります。そこでマサコートが活躍します。

  

  *スレート改修は折板カバー工法だけではありません。

 無洗浄で塗布可能なエコロジカルハイブリット工法は、下塗りのエポキシ樹脂

 が老朽化したスレートをFRP化し、高強度化します。(踏み抜き、アスベスト

 流出、過重がない)

 その上に断熱効果のあるマサコートを塗布していきます。また防水層を形成し

 、雨漏り(途中で破損部分も同時に補修していきます)も止めます。

 

   *建物熱入射の38~60%は開口部(窓)からの侵入と言われています。

 マサコートはガラスにも対応し、硬度5Hで、フィルムのように剥がれる心配

 がありません。網入りガラスにも塗布可能です。

 個人所有物のみならず、オフィスビル、共同住宅、店舗でも活躍しており、共

 用部では総体デマンドの軽減にも寄与しています。

 

モバイル中継移動車の断熱・遮熱工事状況

左:アルミシート貼り         右:マサコート塗布

アルミシートによる遮熱(温度)状況

サーモカメラで写すと、↑アルミシート部分は温度が低い(青)事がわかります。

カーテンや障子は直射日光は防ぎますが、侵入熱線は防げません。

弊社で断熱プランニングを致します。まずはお気軽にご連絡下さい!(^^)!

福岡近郊での断熱ご相談はこちらまで。

        デモ体感・ご説明・現場調査にお伺い致します。

*それぞれの画像をクリックすると大きく表示されます。

営業時間

平日9:00~19:00 

定休日

土日祝日

お問い合わせ

TEL: 092-541-2186

FAX: 092-512-7280

mail:

adocs-act@way.ocn.ne.jp

URL:

http://adocs.jimdo.com

       www.macbell.net

お問合わせはこちらから