【日本の窓断熱は犬小屋以下?

現在、日本で家を建てるときに使っている窓は「アルミサッシ」です。

ウスメーカーのパンフレットにも、「アルミサッシはペアガラスで高い省エネルギー性能」と書かれています。日本の窓の約9割がアルミ製のサッシです。

 

アルミサッシは、加工のしやすさや強度、耐火性や耐久性などの観点か

ら、非常に優れた窓素材です。ただし、唯一の欠点が「断熱性能の悪さ」

です。そのため、地球温暖化や資源の枯渇など、環境意識の高まったここ

30年で樹脂サッシ(樹脂はアルミの1000倍断熱性が高い)に世代交代が進

みました。今では、ほとんどの国で過去の遺物とされ、使用されることは

なくなっています。

 

アルミペアガラスの断熱性能は、U4.65w/m2K。(U値とは、1mあたりに1時間で逃げる熱の単位。窓の場合、06.51の間で評価され、数値が0に近づくほど断熱性能が高く、6.51に近づくほど断熱性能が悪い、という意味です。)

 

この4.65がどのレベルかと言うと、アメリカやヨーロッパに持っていく

と、性能が悪すぎて犬小屋でも使わないレベル。お隣の韓国や中国に行っ

ても法律の断熱最低基準を満たしていない為に住宅で使用することは出来

ません。

 

 

私たちが新築で使っている窓が、いかに性能が悪いものだったのかが分かります。

出典:YKK AP調べ[YKK AP 樹脂窓の歴史](ドイツ:建築物のエネルギー性能に関するEU指令(2014年予定)、中国:第125カ年(20112015)、日本:平成11年次世代省エネ基準、アメリカ:EPA/DOEエネルギー省計画)

営業時間

平日9:00~19:00 

定休日

土日祝日

お問い合わせ

TEL: 092-541-2186

FAX: 092-512-7280

mail:

adocs-act@way.ocn.ne.jp

URL:

https://adocs.jimdo.com

       www.macbell.net

お問合わせはこちらから